ぶどう栽培方法特徴

 食べた人に喜んでもらえる 安全で美味しく高品質な ぶどうが出来るように…

  • 有機質100%の原肥を施肥、有機アミノ酸等の使用
  • 皮むき(冬)、傘・袋かけなどの作業を適時行い 農薬の使用を なるべく抑える
  • 畑の中は、除草剤を使用しない
  • 適正収穫量に努める 房数は、少なめ 大きさは、適正にする

 

<2016年 9月 13日>

朝晩涼しくなり、畑では色とりどりのぶどうが収穫を迎えています。今年はどの品種も糖度が高く良い出来です♪

「ロザリオビアンコ」ぶどうの王子様。玉張り糖度共に良好です♪
シャインマスカットの登場で影が薄くなってしまいましたが、まろやかな甘さの高級ぶどうらしい美味しさの品種です。

ロザリオビアンコの畑

「マニキュアフィンガー」今年は、痛みも少なく良い出来です。

「甲斐路」ぶどうの女王。上出来です♪

「ピオーネ」真黒に色が入りました。玉張り、糖度も良く上出来です。

話題の「シャインマスカット」
糖度が高く、マスカットの香り、種なしで皮ごと食べられる。という隙のなさで大人気。

 

<2016年 8月 19日>

あい変わらずの猛暑で大変ですが、ぶどうは好調です。例年より1週間ほど早めに成育しています。どの品種も色が良く出て、玉張りも良く、糖度も高めです。
藤稔(ふじみのり)、少しするとピオーネの収穫が始まります。

「ピオーネ」玉張りも良く、真黒に色づきました♪

茜(品種名:ルーべルマスカットの特別栽培)

人気の「藤稔」とっても大粒になりました! 収穫になります!!

「サニードルチェ」シャッキとした食感と青リンゴのような香りが魅力な新品種です。
 今年は綺麗に色が入りました。赤色のぶどうは難しい…

「クイーンニーナ」高い糖度とぶどうらしい香りと食感が魅力の新品種です。

「ゴルビー」甘くて、ぶどうらしい香りの品種です。

「ピッテロビアンコ」


「瀬戸ジャイアンツ」種なしで皮ごと食べられる品種です。独特の粒の形が面白いです。

好評につき、ぶどうジャムを量産中♪

 

<2016年 7月 31日>

35℃を超える日本一の暑さで、人は汗だくで大変ですが、ぶどうはとても好調です。
デラウェアーも終盤になり、定番品種の「巨峰」が真黒に色づき、あと数日で収穫を迎えます。どの品種も、色づき、玉張り共に良いです。
成育は例年より1週間早くなっています。
「巨峰(種なし)」良い出来です♪ 真黒に日焼け(!?)してます。

巨峰の畑

庭先の売店も開店してます。

「ブラックビート」種なしの大粒で、酸味が少なく食べやすい新品種です。

品種名も見た目も味もよいです♪ 「氷室 京介」っぽいぶどうです!

 

<2016年 7月 18日>

とっても暑い日が続いていますが、ぶどうには良い天候のようで、例年より少し早めに成育しています。今年のぶどうは、着色、玉張りも良く良い出来になりそうです♪
「デラウェアー」や「巨峰」の畑に入ると、ぶどうの香りが漂ってくるようになりました。
「デラウェアー」来週くらいには収穫出来そうです。
デラウェアー
勝沼は暑いです…

「巨峰」だいぶ色が入ってきました。収穫は8月お盆さん頃から

 新品種の「ブラックビート」

ぶどう界のスパールーキー 「シャインマスカット」

 


昨年の様子



働く車
  • 赤ちゃんぶどう

  • ぶどうの花