栽培ぶどう品種紹介

デラウェアー 7月下旬~8月初旬 ●種なし
デラウェアー
種なしブドウとして 最も親しまれている大衆品種。小粒で、種がなく 皮はがれが良く食べやすい。甘いのでお子様に人気
収穫時期は、7月終わり頃からと一番早い。

デラを食べると夏だなぁと感じます。

 1房:約140g


ベニバラード 8月上旬~8月下旬 ○種あり ●皮ごと食べられる
ベニバラード
「バラード」に「京秀」を交配した新品種。
糖度も高く皮ごと食べられ、果肉が硬めなので、「しゃっき」とした食感が魅力。

収穫時期が早く8月のお盆頃から収穫になる。

 1房:約500g


巨峰(きょほう) 8月上旬~9月初旬 ●種なし
巨峰
「ぶどうの王様」と呼ばれ根強い人気の
定番品種 巨大大粒で11~15g。
食味は極めて良好。酸味適度。上品な香りがある。
ここ数年で、種なし栽培が主流になり 食べやすくなった。

 1房:約450g
 

藤稔(ふじみのり) 8月下旬~9月上旬 ●種なし
藤稔 ふじみのり
ピオーネに井川682を交配した品種。
巨峰よりかなり大粒で、ピンポン玉サイズのものもある。肉質は、非常にやわらかく種もなく 果汁も多いためゼリーのようである。
・最近人気急上昇の品種

皮が薄いため 非常に割れやすく、粒が抜けやすいため輸送が難しい。
 1房:約600g

ピオーネ 9月上旬~9月下旬 ●種なし
ピオーネ
[巨峰]に[カノンホールマスカット]を
交配した品種。
果粒は、巨峰よりやや大きく、肉質も巨峰に比べやや硬く 爽快な香気(マスカット)があり 風味良好である。

 1房:約600g


シャインマスカット 9月上旬~9月下旬 ●種なし ●皮ごと食べ られる
シャインマスカット
安芸津21号×白南を交配した新品種
糖度高く、マスカットの香りがある。
種がなく、皮ごと食べられる。大人気品種

全国的に栽培が急速に伸びている 全国のぶどう農家も注目の新品種。

 1房:600g

クイーンニーナ 9月上旬~9月下旬 ●種なし
クィーンニーナ
安芸20号×安芸クイーンを交配した新品種
大粒で鮮やかな赤色が美しく外観も優れ、
糖度が高く、酸味が少なく、香りがある
「甘くおいしいぶどう」


 1房:約500g
 

マニキュア フィンガー 9月中旬~9月下旬 ○種あり ●皮ごと 食べられる
マニキュアフィンガー
先端は紫紅色、付け根は黄色のマニュキュアをした指のような粒の特徴的な品種。
果肉が硬く「しゃっき」とした独特の食感と「さっぱり」とした味覚。栽培が非常に難しくほとんど商品にならないことも…。

 1房:約500g


ピッテロ ビアンコ 9月上旬~9月下旬 ○種 あり ●皮ご と食 べられる
ピッテロビアンコ
ぶどう品種の中で最も優美な品種
別名:レディーフィンガー(淑女の指)と呼ばれている。勾玉状で果粒が曲がっている。見た目としゃくっとした食感で、大人気。


 1房:約500g


ロザリオ ビアンコ 9月上旬~9月下旬 ○種 あり
ロザリオビアンコ
楕円形巨大粒で、外観は優美であり、風味は、甘くまろやか。
果皮と果肉は分離しにくいので 皮ごと食べ しばらくかんだ後 皮を出すことを勧めたい。女性に人気

 1房:約500g


翠峰(すいほう) 9月上旬~9 月下旬 ●種なし
翠峰 すいほう
「ピオーネ」に「センティニアル」を交配した品種。
ピオーネに似た食感を持っていて 香り、味 共に 非常に良好である。種なしで大粒大房。
外観、味 共に良いので、最近人気の品種。

 1房:約600g
 

甲斐路(かいじ)・赤嶺(せきれい) 9 月上旬~10月上旬 ○種 あり
甲斐路 かいじ
「ぶどうの女王」とも呼ばれている人気品種
独特のコクと旨味を持ち、糖度は高く 上品なマスカットの香りがある。
果皮と果肉は分離しにくいので 皮ごと食べ しばらくかんだ後 皮を出すことを勧めたい。甲斐路の早熟種が、赤嶺です。

 1房:約500g


甲州(こうしゅう) 10 月上旬~10月中旬 ○種あり


●その他 珍しい品種も栽培しております。お問い合わせください
  • マニキュアフィンガー

  • デラウェアー
  • ベニバラード
  • 巨峰
  • 藤稔(ふじみのり)
  • ピオーネ
  • シャインマスカット
  • クイーンニーナ
  • マニュキュアフィンガー
  • ピッテロビアンコ
  • ロザリオビアンコ
  • 翠峰(すいほう)
  • 甲斐路(かいじ)
  • 甲州